SEO

誹謗中傷への対応

ネットを正しく利用する

SEO

日本ではインターネットの環境設備が非常に整っていて、パソコンやスマートフォンが一般人に浸透しました。しかし、まだネットリテラシーは十分に発達しておらず、何の根拠もないデマや誹謗中傷が蔓延っています。芸能人などの知名度の高い方が誹謗中傷を受けて法的措置を取ろうとするなど大きな問題になることもあります。また、最近ではリベンジポルノなども起き、インターネットの公共性が悪用されていることも珍しくなくってきました。SNSなど身近なものも含めて、一般人にも関わりのある問題です。一般人だけでなく法人も十分にデマなどを元に誹謗中傷を受ける可能性もありますので、しっかりと誹謗中傷対策を考慮する必要があります。

誹謗中傷の対応について

法人や有名な方であれば匿名掲示板で色々な書き込みをされます。そこで誹謗中傷を見つけても相手が誰だか分からないし、どうにもできないと思う方も多いと思います。しかし、実際にはインターネット上から削除することができますし、誹謗中傷がひどい場合には発信者を特定することも可能です。また、名誉毀損や侮辱罪で告訴することも可能ですし、場合によってはストーカー規制法などを適応することも可能です。 誹謗中傷に気がついたら、一人で悩まずに相談することが大切です。インターネットでの誹謗中傷は少なくありません。そのため、ネットでの誹謗中傷の発生に素早く対処できる専門業者が存在しています。フリーダイヤルを設けている業者もあるので、気軽に相談できるでしょう。